まいぬるちゃんねる

最近始めたFX日記とお仕事的なこと、その他雑記をぬる〜く書いてます。ゲームと漫画と大好きよぅー

そもそもテレビって要りますか?テレビを捨てて思ったこと。

f:id:rii426:20170813104232j:plain

 

突然ですが、みなさんどの位テレビ見ますか?うちにはテレビがありません。昨年の秋に、テレビをリサイクルショップに買い取ってもらいました。

 

元々、あまりテレビは見ないタイプで、朝出社準備中のニュースとクイズ番組やドキュメンタリーくらいしかみることはなかったんです。ワイドショーはコメンテーターの会話に不快感を感じてしまうし、ニュースは今やネットの方が情報早かったりしますから、必要ないという結論に至りました。

 

 

今は、誰でもが携帯電話やスマートフォンを持っています。電話もできてインターネットも見れてSNSにつながることが出来る便利なツールです。契約や環境さえ整えば、海外に居ても日本に居るのと同じ状況が作れるというのは、本当に素晴らしい。

 

インターネットやSNSは、清濁入り交じりというか、嘘も本当も溢れています。全てを鵜呑みにするのはとても危険ですが、最新の情報を仕入れるのには最高のツールです。そして、良くも悪くも「自分が必要」と思わない情報は、入ってこなくなります。余計な情報(私にとっては芸能人の話題とか・・・)が入ってこなくなる半面、必要と思うことや興味のある事柄には常にアンテナを張っていないと、簡単に「情報」から遮断されてしまいます。

 

メリットもデメリットもありますが、私は今のところテレビを捨てたことに後悔や不便さを感じません。それよりも、実家の両親と話していて、テレビからの情報の影響度の大きさと情報の偏りに愕然とすることの方が多くあります。誤った情報ではないのでしょうが、テレビの情報は物事を片方向からみた情報しか流れていないのか、と驚きます。物事には多くの側面があり、角度や立場を変えてみると見え方も変わるのに、特定の角度からの情報しか得られないのであればそれは洗脳と変わりません。もちろん情報を受ける側がどう捉えるかは自由だと言えますが、多くの人は得た情報を鵜呑みにします。ほんの数十年前までは、テレビやラジオ、新聞という情報媒体しかなかったことを考えると、ちょっと恐怖を覚えます。

 

半面、現代は、テレビや新聞だけではなく、携帯電話やスマホ、インターネットやSNSが当たり前で、便利さや選択肢の多さ、多くの情報に晒される大変さと引き換えに、ある意味選択の自由を得たのかもしれませんね。けれど、情報の多面性や量の多さというプラス面に加えて、嘘や悪意の情報が潜んでいる危険にもさらされているマイナス面があるという自覚と注意を必要とする・・・時代が変わりストレスも変わったと言いますか、そういう大変さが心を痛めつけることがあるというのは、ある意味大変な時代だと思います。

 

人間だれしもセンシティブです。ストレスを上手に発散できる人はいるでしょうが、ストレスを感じない人なんていません。そういう意味では、情報から完全に遮断される日を作るというのも、休肝日のように脳を休ませる意味で必要かもしれませんね。テレビを捨ててみるというのもおススメですよ(笑)